カードローンは便利です

長男と長女が大学生でお金が最もかかる時、会社が早期退職優遇制度を発表しました。
それに伴い一般職給与体系の変更、役職者給与制度変更、各種手当ての廃止、
年金制度改定、今までの給与制度を総て変更しました。
この新制度で一般職の人は年収で80~100万年収が下がり、役職者も200万ぐらい年収が下がりました。
ボーナス時期、家の借入金返済、学費の支払いでカードローンに加入した人が大勢いました。また家事専念の奥さんがパートで働き始めたと聞きました。 最初のうちはカードローンからの借り入れでつないでいた人達も、給与が今後上がらないことを悟るとマンションを売りました。 私は二人の学費を総て賞与で賄っていましたので、半期で100万近く下がり足りない分を カードローンから借りる理由でカードローンを作りました。 収入証明書も不要だったので楽でした。 長男が卒業までに1年でしたので個人年金解約、持ち株会の株売却でしのぎ、カードローンから 借入無しに二人を卒業させることが出来ました。 今の電機業界を見ると会社の前持った施策が効果を生み、安心して仕事が出来ることに深く感謝しています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク