キャッシング用語でホワイトというのは一体何でしょうか

キャッシング用語で、ブラックというのがあるのをご存知でしょう。延滞があったり、あるいは債務整理があったりで、新規にキャッシングまたはローンを申し込めない状態のことを、このように呼びます。ではその反対に、ホワイトという用語があるのをご存知でしょうか。
これは、クレジットカードの利用履歴や、お金の貸し借りなどが全くない状態のことです。いわゆるクレジットヒストリー、取引履歴がない状態で、一見よさそうに見えますが、実はそうでもないのです。なぜならば、ある一定年齢までに、クレジットカードも持たないというのは、何かお金関係のトラブルでもあったのではないかと、逆に怪しまれることになるからです。特に、30代になってもこの履歴がない場合はスーパーホワイトと呼ばれ、むしろブラックと同じような見方をされ、キャッシングやカードの審査に通りにくくなります。
無理してキャッシングをする必要はないかもしれませんが、せめてクレジットカードは1枚作って利用し、きちんと返済するクセを身につけるといいでしょう。良質な取引履歴が作れますし、またクレジットカードの場合、きちんと返済することで、ゴールドカードなども早いうちに作れるようになります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク